社員向け船舶技術講習会を実施

双日マリン アンド エンジニアリング株式会社は、社員研修プログラムの一環として、大阪支社・尾道出張所の若手社員13名を対象とする「船舶技術講習会」を2010年6月に実施しました。今回の講習会は1月の大井埠頭での船舶見学プログラムに続くもので、当社管理船 m.v. PORT ALICE (32,000DWT型バルクキャリア) が尾道造船に入渠した機会をとらえて行われました。

同造船所のご協力のもと、まずは1時間半の座学講習会で船舶概論を学んだ後、ドライドック内の本船を船底から船橋、居住区、甲板、船倉、機関室へと2時間半をかけて説明を受けながら見学し、船舶や舶用機械の実物を、見て触って実感しました。

日ごろお世話になっている取引先の船会社、造船所、舶用機器メーカの方々はその運用・製造を通じて船舶、舶用機械に精通され、また愛着も持たれているはずです。当社社員として売買交渉や契約書締結は重要ですが、このように実際に実物に触れる機会を増やすことで、船舶や舶用機械を書類上の商品としてのみ捉えるのではなく、お客様の気持ちに少しでも近づけるよう、努力を続けていきます。

今回の社員講習会にご協力いただいた尾道造船の皆様に御礼申しあげます。

[2010/06/21]

1006SM01ON

このウィンドウを閉じる
© 2010, Sojitz Marine & Engineering Corporation, All rights reserved.