エコクロール社バラスト水処理装置、USCG AMS認可を取得


[ Ecochlor社
ホームページ
]

双日マリン アンド エンジニアリング株式会社が日本における総輸入元となっている米国エコクロール社製バラスト水処理装置が、昨年6月21日に発効したUSCG (米国沿岸警備隊)規則に関連して、本年4月15日付でAMS (Alternative Management System)として認可されたことがエコクロール社により発表されました。

エコクロールバラスト水処理装置は、40ミクロンの自動洗浄式フィルターによるろ過と二酸化塩素による殺菌という2段階処理システムを採用。処理性能がバラスト水塩分濃度、温度、濁度、有機物や流量の大きな変動に対し影響を受けず、システムがコンパクトで配置が利便、省電力、メンテナンスが容易、デバラスト時の再処理・中和剤処理が不要という特徴を有します。1時間当たりの処理能力250m3〜16,000m3の全ラインアップを対象としてAMS認可を取得、防爆仕様も準備し、タンカーを含めあらゆる船種に搭載可能です。

双日マリン アンド エンジニアリング株式会社は双日グループが保有・運航している83,000トン・パナマックス型撒積船にエコクロールバラスト水処理装置を搭載し運用を開始しています。また、エコクロール社は、中国で建造されるギリシャ船主向けパナマックス型バルカー向けに本年7月に納入の予定で、販売実績を着実に増やしています。

なお、本件の関するお問い合わせは下記となります。

双日マリンアンドエンジニアリング株式会社
機器ディビジョン東京営業部:西 総一郎、三上 洋一
Tel.03-3270-2143 
E-Mail :

[2013/04/23]

1304MO01ECO

このウィンドウを閉じる
© 2013, Sojitz Marine & Engineering Corporation, All rights reserved.