高速双胴フェリー用の車両用可動橋を納入

双日マリン アンド エンジニアリング株式会社は東日本フェリー株式会社の高速双胴フェリー「ナッチャンRera」就航に伴い、本船用の車両・乗船用ランプ(可動橋)を受注し、函館港、青森港のフェリーターミナルに各2基ずつ、合計4基を8月末に無事引き渡し完了しました。

本可動橋はスウェーデンの MacGREGOR社の設計によるもので、同社の豊富な高速船用可動橋の実績が評価され採用に至ったものです。この9月1日より営業開始となった高速船「ナッチャンRera」運航のための重要な機器の一部として、本船の安全かつスムースな運航、荷役作業を支えていくことになります。

可動橋の概要 : 幅 約8.3m、全長 約19m、重量 約40t/基 [2007/08/31]

0708MO01NAC

このウィンドウを閉じる
© 2007, Sojitz Marine & Engineering Corporation, All rights reserved.